キャバクラのシャンパンの値段・相場は?利用者・キャストが知っておきたい必見知識
キャバクラのシャンパンについて、値段・相場は?使う方やキャスト側が知っておくべき注意点ってある?
と疑問を持つ方もいらっしゃいます。


キャバクラのシャンパンは、値段が幾重におよぶバリエーションがありますが、知識を携えておくと初心者でも場内で存分にメリットを活かせます。
 

ただし、深掘りしておかないと詰まる点もあるため、本記事ではキャバクラにおけるシャンパンの知識を網羅的に浸透させた解説をおこなっていきます。

キャバクラWeb編集部
たしなみを整える紳士、伸びるキャバ嬢として活躍できるよう、ぜひ最後までごらんになって学んでみてくださいね◎。
  こちらの動画もご参考ください!

キャバクラのシャンパンはどんな需要がある?

キャバクラシャンパンの需要 キャバクラのシャンパンはどんなときにおろされているか、需要はどこにあるか知っておきたいものですよね。
大きく分類すると3つの特徴および需要があるため、しっかりと本章でチェックをしていきましょう◎ 



 

こちらの記事も参考にどうぞ!

キャバ店の周年イベント


キャバクラの店舗では、何周年記念といって盛大にイベントが開かれることがあります。

たとえば5周年だとスタッフおよびキャスト総員で作り上げる、お店にとって大切な1日です。
  年に1回あるいは数年に1度につき、やはり祝うボトルはシャンパンが名脇役として選ばれます。    

季節のイベント


キャバクラでシャンパンが注がれる機会が多いのは、バレンタインイベントでしょうか。

代表格といっても不思議ではない理由は、男性がプレゼントするにおいて異性関係の仲を深めるイベントだからといえます。
 

キャバクラWeb編集部
いっぽう、ハロウィンだと家族間にもおよぶという、紳士淑女の仲睦まじい間柄から反れるため、バレンタインに需要があると結論付けられるでしょう。
 

キャバ嬢のバースデー


キャバクラのシャンパンでメインといえるのが、キャバ嬢のバースデーイベントです。


来たる日の準備は用意周到に行われるため、直前でお客様に告げることがないよう注意しておきましょう。

  また、当然ながら格安値段のシャンパンは主役から外れるので、何のボトルキープをオーダーするかあらかじめ目星をつけておくと良いですよ。 店長やボーイに、何が勤務先のシャンパンで狙い目かのリサーチもしておきたいところですね◎。    

キャバクラのシャンパンの意外なる原価

キャバクラシャンパンの原価 キャバクラで扱うシャンパンの値段は、原価と照らし合わせると約3倍から5倍が価格の平均相場です。

例えばシャンパン1本あたり提供価格10,000円~20,000円のボトルや、高級キャバクラだと約50,000円のほか10万円を超えるボトルもあります。
 

値段が高いと驚く方もいますが、飲食店のドリンクサーバーから注がれるソフトドリンクの原価と比較しても倍以上に変わりはありません。
 
キャバクラWeb編集部
とはいえ、一般のアルコールよりも極めて高額なため、ブランド料といった認識だけでも持っておくと良いでしょう。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ!

キャバクラが取り扱う人気シャンパンの種類と相場

キャバクラシャンパンの種類と値段相場 キャバクラで愛飲されているシャンパンは多種におよびますが、人気の銘柄は名称のインパクトや特性から、記憶に残るものばかりです。

初心者向きでお財布にもやさしい1本を知りたい男性や、高級ボトルまで必見どころのシャンパンをピックアップしていきますね◎。  

モエ・エ・シャンドン【低価格帯:初心者向け】

モエ・エ・シャンドン引用

モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)は、時期によってはコンビニでも見かける機会がある大人気の庶民派シャンパンです。

売り場が巷で見られるため平凡さが漂うかもしれませんが、パッケージからプチプラ価格に見えない工夫が施されていておしゃれです。  

また、飲みやすい口当たりなのも人気の1つといえます。

キャバクラWeb編集部
よって、キャストからすると頼みやすく、男性客も気軽に注文できるため、シャンパンのスタートラインに位置づくボトルだといえるでしょう◎。
  キャバクラでの値段相場
銘柄 値段
ブリュット 20,000
ロゼ 25,000
 

ヴーヴ・クリコ【低~中価格帯】

ヴーヴ・クリコ

引用

モエ・エ・シャンドンと対をなす、お求めやすい価格帯なのがヴーヴ・クリコです。

値段はイエローがもっともキャバクラで安く提供されており、2万円台からボトルをおろせます。
  また、ホワイトやロゼも大きく値が開かないため、男性客も入れやすいと評判ですよ。 なお、ヴィーンテージラベルといった、ホワイトより高価なタイプもキャバクラでは散見されます 

キャバクラでの値段相場
銘柄 値段
イエロー 20,000
ホワイト 22,000
ロゼ 25,000
ヴィンテージ 80,000
 

エンジェルシャンパン【中価格帯】

エンジェルシャンパン

引用

羽つきラベルがガーリーかつラグジュアリーな雰囲気をかもし出す、夜蝶の主役エンジェルシャンパンです。

 某有名女性誌・小悪魔agehaの復刻アニバーサリー時に、エンジェルシャンパンが採用されたのも、キャバ嬢からの確かな人気を博す理由だといえるでしょう。  

年齢層が意中のキャバ嬢とマッチする男性で、かつ予算があるならおろしてあげると大変喜ばれますよ◎。  

キャバクラでの値段相場
銘柄 値段
ブリュット                130,000
ホワイト                    200,000
   

クリスタル【中価格帯】

クリスタル

引用

辛口のブリュットやロゼなど、パッケージがおしゃれなほか味わいも豊かだと評価されるのがクリスタルのシャンパンです。  

ちなみに、クリスタルはクラブでおろされることが多めです。
とはいえ、キャバクラでもちらほら見られるため、安価じゃない本格志向のシャンパンを楽しみたいときはぜひ味わってみましょう◎。  

キャバクラでの値段相場
銘柄(クリスタル) 値段
ブリュット 150,000
ロゼ 250,000
 

ベル・エポック【中価格帯】

ベル・エポック

引用

キャバクラのシャンパンで、女性陣から可愛いと人気なのがベル・エポックです。

味わいは微炭酸の陽光な口当たりで、お花のボトルデザインも相まって眺めても映える1本だといえるでしょう。   なお、ベル・エポックのゴールドだと値段は約8~10万円、ロゼは10~12万円以上となっています。

そのほか、約20万円を超えるハイグレードな1本はブラン・ド・ブランと呼ばれているので覚えておきましょう。  

キャバクラでの値段相場
銘柄(ベル・エポック) 値段
ゴールド 810万円
ロゼ 1012万円
ブラン・ド・ブラン 20万
 

ソウメイ【中価格帯】

ソウメイ

引用

ソウメイは爽快な微炭酸がクセになる、フルーティーな香りと果実がブレンドされたシャンパンです。  

フレンチとの相性は抜群、ステータスの高い紳士がおろすこともあり、オーダーを受けたキャバ嬢は思わずときめくこともあるそうです。  

また、10万円から30万円台がソウメイの相場となっているのも、合わせて覚えておきましょう 

キャバクラでの値段相場
銘柄(ソウメイ) 値段
ブリュット 100,000
ロゼ 150,000
プラチナ 200,000
ブラック 300,000
   

ドンペリニヨン【中価格~高価格帯】

ドン・ペリニヨン

引用

ホストドラマで「ドンペリを頂きました」という白熱する一コマをごらんになったことはないでしょうか?

略語が浸透しているものの正式名称はドンペリニヨンなので、もし富裕層のお客様を接客するなら雑学面において覚えておいて損はありません。  

なお、価格は白が5万円からが相場で、グレードが上がるに連れロゼは値段が10万円超えをします。 ほか、ロゼを超える銘柄だとドンペリニヨンP2といった英数字表記のボトルが13万円以上なのも必見でしょう。  

加えてプレミアムクラスはP3のネームを博しており、100万円以上の値段で提供・販売されていることもあります。

キャバクラWeb編集部
キャバ嬢にとっては夢の1本、男性からすると自分をより一層鼓舞できるドリームボトルといえますね◎。
  キャバクラでの値段相場
銘柄(ドン・ペリニヨン) 値段
50,000
ロゼ 100,000
ロゼ 1012万円
P2 130,000
P3 1,000,000円以上
   

アルマン・ド・ブリニャック【中価格~高価格帯】

アルマン・ド・ブリニャック

引用

キャバクラで提供されるアルマン・ド・ブリニャックの値段は、1本あたり約50,000円台から提供されています。

また、12万円のロゼやそのほかのグリーンはお値段25万円から、シルバーにおいては値段が30万円を超えます。
 
ちなみに、ブラックの値段はなんと100万円にものぼっており、ステータスのある男性客から注文を受けると箔がつくというものですね。

アルマンドの代表がキャバ嬢のカリスマ・門りょうさんへ会うべく、フランスから来日した逸話も豆知識として覚えておきましょう◎。  

キャバクラでの値段相場
銘柄(アルマン・ド・ブリニャック) 値段
ゴールド 約50,000
ロゼ 約120,000
グリーン 250,000
ブラック 約1,000,000円以上
   

クリュッグ【中価格~高価格帯】

クリュッグ

引用

キャバクラで親しまれる高級志向のシャンパンに、帝王の名を冠したクリュッグがあります。

値段はグランキュヴェが約50,000円、ハイグレードのクロデュメニルは約40万円から50万円の間で提供される高価格帯なボトルですね。
  熟成は10年以上もかけるこだわりと低温の長期発酵など、他にはないワインとして作り込みからの評価も高価格帯に相応しいといえるでしょう。

ボトルから王の風格が漂うクリュッグを、お気に入りのキャバ嬢におろしてあげると大喜びになることは間違いありません◎。  

キャバクラでの値段相場
銘柄(クリュッグ) 値段
グランキュヴェ 約50,000
ロゼ 約120,000
クロデュメニル 約40万~50万円
 

ドラゴン&タイガー【中価格~高価格帯】

ドラゴン&タイガー

引用

ドラゴン&タイガーは、2018年に本邦への上陸を果たしたシャンパンです。

艶のあるゴールドカラーのボトルや、金運向上も期待できそうなデザインも魅力的ですね。
 
値段はブリュットが約13万円で、プラチナムが約20万円という1本あたりは高級志向なことが特徴といえます。

キャバクラWeb編集部
無ちなみにトップグレードのグレードブラン・ド・ブランは、値段が約35~40万円前後となっておりキャバクラのバースデーやイベントシーンでオーダーされることがありますよ◎。
    キャバクラでの値段相場
銘柄(ドラゴン&タイガー) 値段
ブリュット 130,000
ロゼ 150,000
セレクション 200,000
ブラン・ド・ブラン 350,000
 

キャバクラのシャンパンを上手におねだりするコツ

キャバクラシャンパンのおねだり方法 キャバクラでお客様からシャンパンの注文を受けたくても、仲睦まじい先輩がそばにいないとコツが把握できませんよね。

ただ、キャバクラでシャンパンを上手におねだりは意外と難しくありません。
 
コツとして、初回のみ通ずるテクニックはあなたの記念するメモリアルデーを男性客に伝えてあげることでしょうか。
合わせて、あなたに祝ってもらいたいと想いを寄せるように告げると成功率はぐんと上がります。

なお、単発の秘技ですが、射幸心を煽るテクニックなので成功する確率が高いです。  
ただし、経済的にゆとりがなさそうな男性に言うと毛嫌いされるため注意も必要です。

いっぽう、王道テクニックで常連化が期待できるお客様なら、ご褒美を自分にあげたいことを月に1度といったくどくならない頻度で伝えましょう。

キャバクラWeb編集部
同時に、相手の趣味を探り、必ず褒めることを継続していれば自然とシャンパンオーダーを引き出せますよ◎。
   

キャバクラのシャンパンにボトルバックシステムは期待できない

キャバクラのシャンパンにバックはない キャバクラでシャンパンのオーダーがあるとバック料が入ると認識する方もいますが、現在は廃止の傾向にあります。

例えば、ガールズバーならボトル代に対してバック料金も入りますが、キャバクラ全般でシステム自体の変更があったと考えられるでしょう。

キャバクラWeb編集部
とはいっても、売上に対する時給アップや場内指名・本指名を獲得するとバック同然の特別手当を得たと同然なので、ドリンク以外にも視点を向けておくのが望ましいフォームですね◎。
   

キャバクラでシャンパンを頼むとモテる?

キャバクラでシャンパンをおろすとモテるか キャバクラで頼むとモテるかどうか、夜蝶を前に男性陣はくすぶっている様子です。

結論として、お花を贈呈されて喜ばない女性がいるように、キャバ嬢も同じくシャンパンのオーダーがあると大変喜ばれますよ◎。  
普段から懇意にしているキャバ嬢がいるのは、まず大前提となります。 加えて、本指名・場内指名を取っていて他の男性客よりもアピール材料があることも土俵に立つうえで大事な心構えです。  

あとは、お気に入りのキャバ嬢より「私のイベントデーが」、「記念の日が」といったモテチャンスの到来時にシャンパンをおろしてあげると、モテ度は格段に上がりますよ。

キャバクラWeb編集部
もちろん、キャバ嬢が落ち込んでいるときや試練を乗り越えた際のお祝いボトルとしても喜ばれます◎。
   

キャバクラのシャンパンを注文されると給料はアップ・評価も上がる?

キャバクラでシャンパンの注文は給料アップするか キャバクラに勤めてシャンパンの注文を取るのは、売り上げに直接貢献するため給料もアップします。

例えばカラオケ店で飲み放題やワインなどのオーダーをとっても、時給制に関わる理由から反映はしません。
 
ですが一般の和洋折衷をはじめとした飲食店ではないので、固定観念があるなら今スグにでも取っ払ってしまいましょう◎。

キャバクラWeb編集部
もちろん、バックとなるパーセンテージはキャバクラ店によりけりなので、面接のときに尋ねて見るのもおすすめです。
 

キャバクラのシャンパンは場を盛り上げる欠かせない1本だった

キャバクラに欠かせないのがシャンパンだった キャバクラのシャンパンならびに値段のほか、さまざまな特徴を解説してきましたがいかがだったでしょうか。

男性の利用者の方も、キャバ嬢もしくは今から目指す方にとって、有益になる情報が目白押しでしたね。
イベントを利用して稼いだり、誉れ高い時間を堪能したり、男性・女性ともに知っておくべき利点が随所にあらわれていました。

キャバクラWeb編集部
値段の相場を知り、予算に応じてシャンパンを選ぶことと、成長し続けるキャバ嬢になるなど、自分の中に魅力を吸収してキャバライフを存分に楽しんでみましょう◎。
おすすめの記事